日本一安い、日本一速い、日本語⇔韓国語翻訳

文書の種類

標準仕上げ

字数基準

料金(税込)

簡易文書(簡単な手紙やメモ)

ワード

400

800~

一般文書(一般分野の文書)

ワード

400

2.000~

専門文書(専門分野の文書)

ワード

400

3.000~

契約書・特許・医療など

ワード

400

3.000~

証明書等 各種書類

ワード

1ページ

500~

👉 日本の住民票・戸籍謄本や韓国の証明書、各種書類の料金は、下記1~3をご覧下さい。

👉 翻訳者の記名・捺印は無料翻訳証明書の発行有料となります。


証明書・書類等の種別料金(税込)

1.韓国の書類(証明書・除籍謄本等)

証明書

料金(税込)

証明書

金(税込)

入養関係証明書

親養子入養関係証明書

500円∼

1.000円

基本証明書

家族関係証明書

1.000円∼

1500円

婚姻関係証明書

1.000円∼

1.500円

除籍謄本(電算化1枚)

表紙は1.000円

2.000円

除籍謄本(手書き/タイプライター横1枚)表紙は1.000円

1.600円∼

2.400

除籍謄本(手書き縦1枚)

2.000円∼

2.600

👉 翻訳の出来栄えをご覧になる場合は、👉 証明書・書類 翻訳仕上げの見本

👉 その他の書類・証明書の料金は、👉 種別料金2~3からご覧下さい。

👉 電話やメールなどでの料金お問い合わせの際に、よく、書類の名称などを間違えて伝えたり、

変わった様式が存在したりすることがあります。そのため、正確な見積料金を算出するにあたり、

書類のご送付をお願いしております。

⇒書類の組み合わせによっては、最低料金で見積いたします。

⇒帰化申請時に必要な書類はすべて、各種別書類の最低料金にてお見積もりいたし、内容により最初や

最後のページはさらに安くなることがあります。


2.日本の書類(戸籍謄本・住民票)

書類

料金(税込)

書類

料金(税込)

戸籍謄本・抄本P1

          P2

  2.500

+1.000円

住民票 P1

          p2

 2.500

+1.000円

👉 稀に3ページ目(以上)がある戸籍謄本の場合、最後のページが1.000円となります。

👉 住民票(世帯全員)1ページ4人以上の場合、3.000円となります。

◎元号(年号)は、原則西暦で翻訳記載しております。

👉 翻訳の出来栄えをご覧になる場合は、👉 証明書・書類 翻訳仕上げの見本

👉 その他の書類・証明書の料金は、👉 種別料金1~3 からご覧下さい。


3.その他の書類・証明書等(日本・韓国)

書類・証明書

料金(税込)

書類・証明書

料金(税込)

各種 受理証明書

改製原戸籍

1.500~2.000

2500円

 修了・卒業証明書

在籍証明書

1.500円∼

2.000

        戸籍謄本

  住民票記載事項証明書

 2.500円∼

 2.500円∼

出生証明書

出生届・認知届

3.500円

4.500円

日本の婚姻届・離婚届

日本の婚姻届・離婚届 左右2枚

4.500

 6.000

合格通知書

在学証明書

1.500円∼

2.000

  韓国の婚姻届・離婚届

(様式を含む)

5.500円∼

パスポート(旅券)・委任状

認証(アポスティ-ユ)

2.000円∼

2.800円∼

印鑑登録証明書(日本)

印鑑証明書(韓国)

1.500円∼

4.500~

独身証明書

各種 確定証明書

1.500~

3.000円∼

成績証明書

 P2∼ 4.000円

6.000円

生活記録簿

P2∼ 4.000円

6.000

住民登録票謄本

住民登録票抄本

3.000円∼

学籍簿・追完届

戸籍訂正申請

4.000~

4.000円∼

死亡診断書死体検案書)

韓国の死亡診断書・死体検案書

4.000円

別途見積

死亡届

死体火葬許可証

4.500円

3.500円

診断書等 医療関連

家族関係登録簿整理申請

別途見積

火葬執行済(火葬証明書)

 在外国民登録簿謄本

  別途見積

韓国語能力試験(TOPIK)

出生届記載事項証明書

ハングル能力検定試験の成績証明書

別途見積

裁判関連・裁判所調停調書

無犯罪証明書(犯罪経歴証明書)

免許証・交通関連・その他の書類

別途見積

◎その他の文書(書類 証明書)の翻訳料金は、 👉 種別料金1~2からご覧下さい。

◎電話やメールなどでの料金お問い合わせの際に、よく、書類の名称などを間違えて伝えたり、変わった様式が存在したりする

ことがあります。正確な見積もり料金のためにでも、まずは書類のご送付をお勧めしております。

◎~は、あくまでも目安となります。本文内容や書類の組み合わせにより、最低料金よりさらに安くなることもありますので、

最終確認は無料見積からお願い申し上げます。


センターからお客様へのお問い合わせ

 ご依頼直後や翻訳途中で、各種証明書や除籍謄本等に記載されている日本の住所等(出生地その他)についてお客様にお尋ねすることがあります。近年の市町村合併、住居表示実施等によって当時の住所を調査するのが難しい場合や元々誤って証明書や除籍謄本に載っている場合が多々あるため(特に漢字の読み違いによるハングル表記)、確認させていただくことがあります。また、読み方が一般的ではない日本の地名やご家族及びご親族の氏名、市長・区長名は予め仮名を振ってから原稿を送付していただきますと、納品時間の短縮につながります。

上記の理由により、E-mailをお持ちではない方は、あらかじめご用意頂くか、ファックス等その他の手段を教えてください。


翻訳者の記名・捺印

 帰化申請、その他の手続において、翻訳者の記名・押印が求められることがあります。当センターではあらゆる手続きに対応できるように、翻訳文に翻訳者の記名・押印をつけております(無料:住所、電話番号を含む)。

また、提出機関により、「翻訳証明書」を求められることもありますが、その場合は別途ご請求下さい。

「翻訳証明書」は有料(500円∼1.000円)にて発行 させていただいております。種別や枚数等によって割引又は無料になることもあります。